いげ日記

外出の記録その他

会社の業務しかできないおじさん

先日アルバイト先に出社すると、40すぎの男性社員がオフィスの床にコーヒーを1杯まるごとひっくり返していた。カーペット敷きの床には盛大な黒いシミができている。

すると彼はあろうことかシミの上から塩素系漂白剤の原液を撒き始めた。それをさらに雑巾ゴシゴシこすっていた。雑巾を素手で持って、換気もせずに。

結局その日は塩素→雑巾→塩素→雑巾を4~5回繰り返し、きれいになったと満足気だった。一日中濃厚な塩素臭を嗅がされた周りの人間はたまったものではない。

彼の中にはシミ抜きという概念がないのだろう。中性洗剤でたたくこともなくいきなり漂白剤である。カーペット自体の色まで抜けてしまう可能性だってあった。他の社員から「すごい臭いですね」と言われても「俺こういうの平気だから」と見当違いな応答。自分は平気でも周りが平気じゃないことに気付けない。そもそも普段から蓋のない容器に入ったコーヒーをよく机上にひっくり返していたのだから、その時点で改善の余地は十分あったはずである。お客様の目につくところだからきれいにせねばなどと余計なプロ意識を発揮させてはいたが、リスクヘッジを怠り間違った対処で職場の労働環境を悪化させた彼は会社員として使えないどころか民間人としてさえ迷惑な人間であるといえる。彼はこの一件に限らず様々な場面で配慮に欠いた行動を見せ、同僚や部下たちは被害を被り続けている。

彼に限らずこれまで属した職場や日常生活おいても、同様の迷惑ぶりを振るうおじさんは一定数散見された。思うに、ある種のおじさんに多くみられる傾向として、会社での業務以外一切できないというのがある。一般に彼らは会社で働く自分に満足してしまっているようで、業務と直接的な関係の薄いものごとに関しては引くほど疎い。とりわけ年功序列で不相応な高い役職に就けてしまったおじさんに関しては目も当てられないほど何もできない。おじさんという人種は会社からそれなりの収入を得てさえいれば家庭でも社会でもデカい顔ができるのである。おばさんだったらそうはいくまい。彼らは家庭に金銭をもたらすが、それ以外の場面では迷惑ものでしかないことが容易に想像できる。それゆえ家庭では邪険に扱われている様子も普段の会話の中から垣間見られる。

塩素臭の愚痴を書きたかっただけなのだが思いがけず使えないおじさん全般の中途半端な批判になってしまった。とりあえず、塩素系洗剤の使用を免許制にしてほしい。危険な使い方をするやつはけっこう多い。

インフルエンザと思ったが全然熱なかった

昨日ものすごい寒気とだるさを感じて会社を早退し、家に帰ったら熱はなかった。だけどそれでもすごく寒いしときどき暑いので、そのうち熱が上がるに違いないと思い何度も測ったが結局今朝まで熱はでなかった。

「熱がある」というのはほかのどんな体調不良よりも一番パンチの効いた説得材料となる。具合が悪い気がするけどそうでもない気もするとき、体温は体調の指標になる。それを知っただけで「自分は病気なんだ」と感じるし、家族や会社にもわかってもらいやすい。

昨日の私はこんな中途半端に具合が悪いならいっそインフルエンザにかかって誰もが認める病人になってしまいたかった。そのためには熱がなければならないと思った。ネットの情報によるとインフルエンザでも熱が出ない場合はあるそうだが、熱がないならわざわざ病院へ行って検査するのも躊躇われる。

かくして朝になっても熱が出なかった私だが結局会社を休んだ。また昨日のように調子が悪くなったら面倒だし、上長が私の仕事を他に振ってくれていた様子だったからである。

ちなみにインフルエンザには生まれてこのかた罹ったことがない。

逃げるような買い物

結婚してからもずっとひとり暮らし向けの冷蔵庫で頑張っていたのだが、いよいよ限界を感じた私は、今日満を持してヤマダ電機に行った。

初売り期間の三連休だからか、客だけでなくスタッフの数もやたら多かった。サイズや容量、ほしい機能などを踏まえて目星をつけた冷蔵庫たちの型式を控えてきたのだが、メーカー名や型式を確認しているだけで店員がどんどん寄ってくる。

店員たちはすぐには話しかけてこないものの、歩き回る私と一定の距離を置いて少しの間尾行したあと、それなりに真剣に見ていることを確認すると横からヌッと現れて聞いてもないことを一方的に説明し始める。

冷蔵庫売り場だけでも店員が10人以上いるようで、ひとり断ってもまた別の店員がすぐに近づいてきて実に鬱陶しい。私だって買う気で臨んでいるのだからそれなりの判断基準を持ってきているわけで、その上で店頭の価格を見てスペックとのバランスをじっくり比較したいのに、話しかけてしまってはそういう作業に取り掛かることができない。つまり邪魔である。

たくさんいる店員から逃げるようにして冷蔵庫をチェックするのはかなりストレスがたまる。そんな努力もむなしく神出鬼没な店員たちに何度も捕まっては断った。

あまりにしつこいので話を聞いてみると、店員はやたら今日購入を決められるのかを確認したがり、独断では買えないので持ち帰って少し検討したいと言うと急に冷たくなるのでなおさら腹が立つ。売りたいのはわかるが自分から話しかけておいてそれはないだろう。失礼極まりない。もらった名刺を見たら主任と書いてあったのでなんだか呆れた。

結局うるさすぎて嫌になり、カタログだけもらって帰った。もう行きたくない。

ヤマダ電機は今日、見込み客をひとり失った。

ファミマのイートイン活用

新しい職場の近くに、イートインスペースのあるファミマがある。

出社の時間も前よりだいぶ遅いので、早めに行ってそのファミマでゆっくりしてから会社にむかっている。

充電できるテーブルもあるし、イスもシンプルだけど座りやすいし、環境としてはチェーンのカフェと変わりない。

なのにコーヒーは100円で、朝はかなり空いている。私が行く時間には大体おじさん2人くらいが各々ノンビリしている。

ちょっとしたお菓子を食べるのだってカフェなら200円以上はするが、ここならコンビニ価格だからリーズナブルな上に種類も多い。

この穴場に早く気付けてよかった。

今は携帯をいじったり文庫本を読んだりしかしてないが、そのうち軽いノートPCを買って、働き始めてあからさまに滞っていた日記を更新する時間に充てたい。

 

要は外出用のパソコンがほしい。

10/8 函館③

f:id:ige1988:20161218154550j:plain

前回のつづき。

奉行所のほかにどこを見学するのが良いかわからなかったので、奉行所の手前にあった階段を上がってみた。そこからはすぐ下にお堀、その向こうに街が見えた。自分が城のどの地点にいるのか全然把握していなかったが、お堀に面した石垣の上から外側を見ていたのだろう。

しばしの間新選組に思いを馳せて、そのまま来た道を引き返した。知らない土地のバスは不安なものだ。このときの私は悪天候も手伝って大変心細かったので、新幹線に確実に間に合うよう、余裕をもって函館駅前に戻りたかった。

ガイドマップによれば、徒歩なら土方歳三や中島三郎助父子が戦死したとされる場所に寄りながら函館駅に向かうことができるようだが、気力が湧かず諦めた。次回来る機会があったらそのときは晴れていることを祈った。

乗換アプリによると、帰りのバスは往路とは別の系統の方が早く出発できるらしかった。五稜郭と名の付く停留所は、市電の路線が曲がる交差点「五稜郭公園入口」の周辺にいくつもある。そのうちの一番南にある函館中央病院寄りという停留所からバスに乗った。通り沿いには飲食店の並びが続いていたが、ここまで来ると街の賑わいは割と落ち着いていた。病院がその奥に建っているのも見えた。

再び市電と同じ経路で函館駅前のバスセンターに着いた。新幹線に乗るのは函館駅からJR線で20分ほどの新函館北斗駅からだが、そこまで行ってしまうと時間をつぶす場所がないと考えて函館駅前の無印良品で買い物をした。実際、ここへ来る途中に見た新函館北斗の駅周辺はかなりひっそりしていた。

さてそろそろ向かおうかなと駅の改札前で最後の出番となるであろうフリーパスを出そうとすると、いつもきっぷを入れていたはずのポケットの中にない。別のポケットにも財布にもバッグにもない。空いたベンチに荷物を広げて必死にガサゴソやっていたら、隣に座っていたおばさんが気の毒そうに「落ち着いて~」と声をかけてくれた。

そういえば函館に着いて改札を出たときにきっぷを取った覚えもどこかへしまった記憶もなかった。それまではなくさないようものすごく注意して持ち歩いていたが、最後の大移動が終わったからか気が緩んでいたのだろう。完全なケアレスミスである。

函館駅から新函館駅までは片道360円なのでフリーパスを使わずとも大した損はない。だが私はこの北海道の北から南までを共にしたきっぷを記念に持ち帰り、大事にとっておきたかったのだ。そういうことにこだわるタイプだ。

藁にもすがる思いで、きっぷの落し物がないかと駅員に訊ねてみたがやはりなかった。この日を入れてあと3日使えるのだから、拾った人は自分のものにしてしまっただろう。再発行もできないきっぷである。それにしても駅員の対応が必要以上に冷たく、より一層の悲しみを感じながら新しいきっぷを買うこととなった。改札近くのセブンイレブンで新幹線用に食べ物を調達した。

指定席を取ってあった17:21の新幹線には十分間に合った。新函館北斗駅に着くとたくさんの観光客が次の新幹線を待っていた。私もその中に混じり、椅子に座って待った。ちょうど目の前のテレビで前回の真田丸を再放送していたが、そこにいきつくまでの話を自宅のHDDに撮り溜めたままでまだ見ていないので無視した。

大荷物を持った人々と共に予定通りの新幹線に乗り込み、最後の最後でなくしたきっぷを悔やみながら帰った。

 

おわり。

 

◆函館まちあるきガイドマップ

hakodate-machiaruki.com

10/8 函館②

f:id:ige1988:20161214104649j:plain

前回のつづき。

全然五稜郭の気配がないところに降ろされたので不安になってGoogleマップを起動した。auショップに向かって左手にある交差点を北に進めばいいようだ。ちょっと歩かなければならないので若干面倒な気分になったが、ここまで来たら行かないともったいない。

この界隈は函館駅前と同じかそれよりもっと栄えているように感じた。マルイがあるし、飲食店や銀行も多い。旧城下町にあたるからなのだろうか。五稜郭までの道のりにはうわさの「ラッキーピエロ」もあった。時間があれば行ってみたかったが無視して進んだ。

しばらくすると人通りが多くなり、右手に「五稜郭タワー」なるものが現れた。ガラス張りなので中の様子は外からでも見えたが、広い城の敷地に入ってしまう前に小休止したかったので、人の流れに乗って入ってみた。

入り口からすぐのフロアにはお土産屋さんがあり、五稜郭やゆかりのある人物にちなんだグッズがいろいろあった。私も新選組関連の何かを買ってみたくなったが、以前京都に行ったときキリがないからと我慢したことを思い出して今回もやめておいた。展望台行きのチケット売り場もあった。その奥は休憩スペースのようになっていて、当時の大砲のレプリカや榎本武明の立像が展示されていた。そこで少しだけ座って休んだ。2階へ行くと飲食店があるらしかった。

再び雨が降る外へ出た。来た道から見て五稜郭タワーの少し奥に五稜郭の入り口があった。お堀に架けられた橋を渡って藤棚(?)の下をくぐり、突き当たった石垣の左へ進むと、箱館奉行所があった。そのときは、奉行所残ってるんだ!!と感動した。復元されたものだと知ったのは、中へ入ってからであった。

早速入り口で案内のおばさんに靴を入れる袋をもらい、入館料を払った。500円。客が多いとはいえおばさんが終始せわしなく、しかもときどき怒鳴るのでちょっと怖かった。

とりあえず順路に沿って歩いた。はじめに復元された大広間を歩いたが、当時の建築物についての予備知識がほとんどない私には文字通り大きな座敷でしかなかった。掛け軸があったので説明を読みたかったが、人がたかっていてよく見えなかった。

大広間を抜けて武器置場を見てさらに廊下を抜けた先に、奉行所の歴史に関する資料が展示されている座敷があった。またしても人が多くて見たいものを見られずウロウロしていたら、近くにいた説明員さんが大きな梁が見えるスポットを教えてくれた。言われたところに立って天井を見ると、その一部に天井板がなく、普段隠れている梁を観察できるようになっていた。それにどういう意味があったのかはわからない。

次の間に移動すると今度は大きなテレビがあり、なにか映像を見るコーナーらしかった。一番前の席に座って待っていると、奉行所復元の過程を説明した動画が始まったので最後まで見た。建てる場所だけでなく、工法や資材にもこだわって再現されているというのが話の筋だった。部屋の格式によって釘隠しのデザインが異なるという話がなぜか印象に残った。大広間に戻って見てみたくなったが引き返すのは協調性に欠ける気がしてあきらめた。

最後に隣の座敷で復元にまつわる資料を見て、出口に向かった。

つづきは次回。

10/8 函館①

f:id:ige1988:20161213115505j:plain

北見から旭川への移動で体がそれはもうバキバキになっていた。旭川駅に入っている「てもみん」で肩を揉んでもらったりイオンでパンを買ったりしたあと、「スーパーカムイ」で札幌に出た。さらに「快速エアポート」で恵庭に行き、そのまま祖母の家に2泊した。

 

10/8の朝、恵庭を出た。ばあちゃんがわざわざ呼んでくれたタクシーで駅に行き、7:58発の汽車に乗った。南千歳で10:20発の特急「北斗」に乗り換えた。

本当はもう1本遅い特急に乗るつもりで、前日に恵庭駅で指定券を取ろうとしたのだがすでに満席だった。初めに対応した駅員が不親切でただ満席ですと伝えられただけだったが、別の駅員さんにそれに近い時間で空いている座席はないかと聞いたら臨時列車の予約が取れた。

途中の停車駅の名前を聞くたび、子供の頃家族で何度か乗った「北斗星」を思い出して懐かしかった。ただ当時は夏休みにしか北海道に来なかったので、寒くなりだした季節にここを通るのはちょっと新鮮だった。

12:06に函館に到着した。土曜日だからか改札を出ると人がいっぱいで、ひとまずベンチに座って今日の予定を立てようとしていたのに座れなかった。改札を出て左に進んだところに観光案内所があったので、そこで歴史関連の観光資料を手当たり次第もらって外に出た。学生時代歴史が大嫌いだった私だが、数年前に読んだ浅田次郎の「輪違屋糸里」をきっかけに幕末の人物やエピソードにすっかりハマってしまい、戊辰戦争終焉の地である函館は歴史をテーマに歩きたいと思って来たのだ。

函館は雨が降っていた。とりあえず座って落ち着きたかったしできればお昼も食べたかったので、駅前の通りを見まわしてプロントを見つけ、迷わず入った。ペペロンチーノを食べながら新選組の史跡めぐりができる地図をいくつか物色したものの、結局は駅前から出ているバスで五稜郭へ行くことに決めた。ガイドマップ片手に徒歩でいろいろ回ろうと思っていたが、夕方には新幹線に乗らなければならない上にこの雨なので億劫になり、王道の五稜郭に絞ったのだった。

プロントを出て信号を渡り、乗換案内アプリを見ながらバスセンターで調べた乗り場に行くと、もうバスが来ていた。駅を発車した時点での乗客は自分ひとりだった。「蛾眉野」行きというその路線バスは、函館の市電と並行して走った。だんだん乗客が増えてきたころ「五稜郭」停留所に到着し、バスを降りた。

そこは普通の街なかで、auショップの前だった。

つづきは次回。