読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いげ日記

外出の記録その他

5年あれば

てきとう

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

大学に入学して卒業してもおつりがくるし、小学5年生が高校生になるし、生まれた子が着替えや食事など自分でできるようになる。

 

それに比べて直近5年の私はほとんど進歩してない。社会に出て5年以上経つというのに、仕事のしかたを覚えたくらいで他に何もしてない。

これから5年後にどうなるかなあと考えた。5年もあれば何か難しい資格を取るとか、新しい趣味に手を付けて極めるとか、子どもを産んで育児を始めるとか、いろいろできるだろうけど、自分としてはあんまりすごく魅力には感じなくて、メインであってほしくない。

それより好きな本をぱらぱら読んで、ときどき余所の土地に憧れて出かけてあるっては日記を書く、みたいな体験をいっぱいしたくて、だけどそれだと今よりちょっと贅沢してるだけだし全然誰にもほめられないしなにより一銭の稼ぎにもならない。

 

先のことを考えようとすると、なんか変わってなきゃとか、今より良くならなきゃとか、そういう暗黙のプレッシャーを勝手に感じがちだけど、むしろ成人するまでの成長スピードが異常だっただけかもしれない。

20歳も過ぎれば姿かたちは大概変わらないしもっと経てばどんどん老いていくだけだ。脳みそも老いるから能力も老いる。

 

それでも経験値はそれなりにたまるはずだ。時間が経つっていうことは多くの場合経験値が増えるということだ(監禁されて長年何も見聞きしてないとかいう場合は別として)。

だからその経験の結果として何かを成し遂げたり変化したりする人はすればいいし、そうじゃなかったときも別に自分ダメだわみたいな感じでガッカリすることもなくて、とりあえず喜怒哀楽古今東西老若男女縦横無尽でOKなのかもしれない。

 

だから5年後の自分に何か言うとしたら、

「なんか楽しいことあった?」

とかそんなところですかね。

よくわかんなかった。おわり。