読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いげ日記

外出の記録その他

どんなにお金をもらっても日常は返ってこないんだからさ

てきとう

原発事故に伴って県外へ避難した子供へのいじめが取り沙汰されている。

手当をもらっているからといってカツアゲに遭った子供までいるという。

理由が原発であるのとないのとに拘らず、いじめなんかをする子供本人ももちろん悪いが、手当の話に関してはそんな情報を子供に吹き込んだ周りの大人も名乗り出て謝ってほしい。

たしかにコミュニティにおいて少しでも珍しい存在は噂や除外の対象になりがちなのはわかるし、私自身全くそういうことをしないと言ったら嘘になる。

でもだからといって「原発事故でお金もらってるのズルイから」ってそんな幼稚な話があってたまるかいな。

今まで揺るぎなく当たり前にあったはずの暮らしが、ある日突然予告なく崩壊したのだ。

自分だったら発狂すると思う。

ここでは自主避難であるか否かやその地域の線量が実際どの程度のリスクなのかなどは関係ない。

誰の判断で避難したにせよ、線量がいくらであるにせよ、事故前と全く同じ環境はどんなにお金をもらっても買えないし、二度と返ってこない。

そんなことも慮れない大人たちがまだ十分な分別のつかない子供の周りにいるなんて気味がわるい。

あるいはいじめた子供が自分の判断で、手当の話を持ち出したのだろうか。

だとしたらもっと気味がわるい。