読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いげ日記

外出の記録その他

会社の業務しかできないおじさん

てきとう しごと

先日アルバイト先に出社すると、40すぎの男性社員がオフィスの床にコーヒーを1杯まるごとひっくり返していた。カーペット敷きの床には盛大な黒いシミができている。

すると彼はあろうことかシミの上から塩素系漂白剤の原液を撒き始めた。それをさらに雑巾ゴシゴシこすっていた。雑巾を素手で持って、換気もせずに。

結局その日は塩素→雑巾→塩素→雑巾を4~5回繰り返し、きれいになったと満足気だった。一日中濃厚な塩素臭を嗅がされた周りの人間はたまったものではない。

彼の中にはシミ抜きという概念がないのだろう。中性洗剤でたたくこともなくいきなり漂白剤である。カーペット自体の色まで抜けてしまう可能性だってあった。他の社員から「すごい臭いですね」と言われても「俺こういうの平気だから」と見当違いな応答。自分は平気でも周りが平気じゃないことに気付けない。そもそも普段から蓋のない容器に入ったコーヒーをよく机上にひっくり返していたのだから、その時点で改善の余地は十分あったはずである。お客様の目につくところだからきれいにせねばなどと余計なプロ意識を発揮させてはいたが、リスクヘッジを怠り間違った対処で職場の労働環境を悪化させた彼は会社員として使えないどころか民間人としてさえ迷惑な人間であるといえる。彼はこの一件に限らず様々な場面で配慮に欠いた行動を見せ、同僚や部下たちは被害を被り続けている。

彼に限らずこれまで属した職場や日常生活おいても、同様の迷惑ぶりを振るうおじさんは一定数散見された。思うに、ある種のおじさんに多くみられる傾向として、会社での業務以外一切できないというのがある。一般に彼らは会社で働く自分に満足してしまっているようで、業務と直接的な関係の薄いものごとに関しては引くほど疎い。とりわけ年功序列で不相応な高い役職に就けてしまったおじさんに関しては目も当てられないほど何もできない。おじさんという人種は会社からそれなりの収入を得てさえいれば家庭でも社会でもデカい顔ができるのである。おばさんだったらそうはいくまい。彼らは家庭に金銭をもたらすが、それ以外の場面では迷惑ものでしかないことが容易に想像できる。それゆえ家庭では邪険に扱われている様子も普段の会話の中から垣間見られる。

塩素臭の愚痴を書きたかっただけなのだが思いがけず使えないおじさん全般の中途半端な批判になってしまった。とりあえず、塩素系洗剤の使用を免許制にしてほしい。危険な使い方をするやつはけっこう多い。